2009年03月08日

ブタがいた教室

人気ブログランキングへ

ブタがいた教室



 「命の大切さ」を子どもたちに伝えようとする

新任教師の情熱と、それに応える

生徒たちの姿に思わず目頭が熱くなる。

              15年前のドキュメンタリーの映画化。


評価:★★★★★

【あらすじ(goo映画「ブタがいた教室」より)



「卒業までの1年間でブタを飼育し、最後にはみんなで食べたいと思います」─新任の星先生の提案に6年2組は騒然となる。校庭の片隅に小屋を作り、掃除、エサやリなど生まれて初めての経験に戸惑いながらも、成長してゆくブタに愛着を抱いてゆく子どもたち。“Pちゃん”と名づけ、家畜ではなくペットとして慈しむようになるが、卒業の時は迫り、Pちゃんを「食べる」「食べない」で教室を二分する大論争が巻き起こる。

【コメント「ブタがいた教室」

在京キー局の新卒採用説明会でのことでした。リクルートスーツをまとう私たちの前に表れたのは、その局の看板ニュース番組のディレクターを勤める社員の方でした。


「これまで印象に残っている番組は?」という学生の問いに対して彼が挙げた番組が、93年にドキュメンタリーとして放送され本映画の元になった『小ブタのPちゃん』でした。


それ以来どんな作品なんだろうと思っていた作品が昨年映画化され、ついに来月DVDが発売されます。私は映画館で観ようと思っていたのですが、機会がありませんでした。今回海外旅行に行く際の機内でようやく観ることができました。


この映画は喜怒哀楽を激しく感じられるような場面が冒頭から最後まで目白押しです。星先生が保護者の吊るし上げにあう場面、生徒たちが想像力を駆使してPちゃんの小屋を作る場面、大雨が学校を襲う場面、Pちゃんの今後をディスカッションする場面、そして結末。そのひとつひとつの場面が高度なリアリティを伴っているのです。


星先生、他の先生方、子どもたち、保護者たちなど、いろいろな立場の人の心の葛藤に共感し、そして考えさせられるのです。「おくりびと」も良い作品だと思いますが、この作品もまた日本映画の傑作でないかと思います。


私には子どもはいませんが、子どもがいる方は星先生やクラスの子どもたちに対して、さらに多くの感情を抱かれることでしょう。しかし星先生が生徒たちに「正しい答えはない」言うように、観る人の感じ方にもまた「正しい答えはない」のだと思います。


私は自分の子どもがこんな授業を受けることができたら豊かな体験になるのだろうなぁと思います。このような体験をした生徒たちは食物の大切さを考えるということに加えて、身近な存在の「死」を明確に意識することになると思います。


育てたブタを食べることは残酷か。これに対しては様ざまな意見があると思います。私はたとえそのことが残酷であっても良いのではないかと思います。残酷なことを「残酷である」と子どもたちがしっかり意識しながら、ブタと向き合うのであればそれはまた貴重な体験でしょう。


この映画のDVDが発売されれば多くの小学校で道徳の授業で用いられるでしょう。先生と生徒、親と子が一緒になって繰り返し観てもらいたい作品です。

人気ブログランキングへ
posted by kt-boy at 19:07| Comment(2) | TrackBack(6) | 新作DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

イースタン・プロミス

人気ブログランキングへ


 理髪店で喉を切られる男性客、



 薬局で出血し助けを求める14歳の女の子



 彼女の日記を読んだ看護婦は絡み合う



 事件に巻き込まれていく。


評価:★★★★★(甘めですが)

【あらすじ(goo映画「イースタン・プロミス」より)


病院で働くアンナの下に、一人の少女が運び込まれる。

意識を失くした少女は、女の子を産み落とし、息を引き取る。

バッグに入っていた手帳にはロシア語で日記らしいものが

書かれており、少女がロシア人であることが分かる。手術に

立ち会ったアンナは、少女の身元を確認するため、ロシア料理

レストランのオーナーに相談すると、自分が日記の翻訳を

しようと申し出る。しかし、その後、謎のロシア人、ニコライが

アンナに近付き始め…。


【コメント「イースタン・プロミス」

観終わるとバイオレンス映画の最高レベルにあると確信しました。

ヴィゴ・モーテンセンの渋い演技が魅力的であるのはもちろん、

複雑な人間関係を慎重に描いた監督の心境が伝わってきそうな

作品です。バイオレンス映画にもかかわらず、派手なシーンを

極力使わず淡々とストーリーを魅せていく手法にも好感が持てます。(ここは個人的な好みの問題ですが)


最後のサウナでの格闘シーンがこの映画の山場ですが、あの状態

で戦うニコライがいかに有能な人物であるのかということを象徴

していると思いました。それは彼の真の姿が物語っているし、

彼を殺そうとしたボスは彼の秘めたその有能さに恐れたのでは

ないかという気がしました。

人気ブログランキングへ
posted by kt-boy at 02:16| Comment(2) | 新作DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

アイ・アム・レジェンド(英語名:I am legend)

あらすじ

ガン特効薬の発見という喜びもつかの間、特効薬は狂犬病のような症状を引き起こす「クルビン・ウイルス」のグランドゼロ(起源)となってしまった。2012年生き残っているのはごくわずか。N.Y.の町で愛犬サムとただ一人生活する科学者ロバート・ネビル(ウィル・スミス)は、人類滅亡の危機を脱するべく、ワクチン研究に取り組んでいる。他の生存者の存在を信じて無線による交信を続けたネビルのもとに、ある女性が現れた。




コメント

人気のないニューヨークの街で野生の鹿が走り回る。

食肉を求めその鹿たちを愛犬と追う主人公ロバート・ネビル。

家に帰ると全ての窓にシャッターを下ろし、あらゆる

入り口に仰々しいほどの錠を下ろしていく。時折ひたる

追憶の舞台は3年前の2009年。物語の前提が明示されないため、

疑問ばかりが膨らんでいく
場面が進みプロットがわかって

くると、今度はホラー映画並みのシーンが満載流れが

落ち着き物語が佳境に差しかかると、気が抜けてしまい

結末はどうでも良いというような気持ちが生じてくる。

と言いつつもつい期待をしていると、いつの間にか

クライマックスが訪れエンディングへ。残存するのは

「そんなのありか??」

という思いだけ。こんな映画です。


私の視点

ガン特効薬がウイルスの温床という物語ですが、かなり

無理がある話
のように感じます。主人公のネビルはウイルス

に対する免疫があるという設定ですが、免疫があるという

ことがどのようにわかったのでしょうか。ウイルスに

侵されたダーク・シーカーと呼ばれるゾンビのような人間

たちの特徴も、紫外線に弱いということ以外はほとんど

描写されず、その生活ぶりなどは全く解明されていません。

設定が雑な印象を受け、やや物足りなく感じます。また、

話の途中に出てくる女の人の発言が宗教的で、シラけて

しまうだけでなくこんな邪推もしたくなってしまいます↓


危機にあるのは正常な宗教としてのキリスト教信仰者。危機を生み

出しているのは、異常な存在としてのイスラム教。「災害の震源」

という意味で「グランドゼロ」と言う言葉が使われていることから、

9.11なんかを彷彿させますね。癌の特効薬が危機を生み出した

という設定になっていることから、世の害悪はイスラム教である

なんてことまで想起させても不思議ではありません。
全米で記録的

大ヒットとなったのも、この辺りが関係しているのではと思って

しまいます。(歴代43位ということですね。ちなみに当時は41位)

(気分を害されたかたスミマセン。管理人の趣旨が特定宗教を
 貶めることではないことはご理解ください
。)

それにしても、ダーク・シーカーの動きがアイ・ロボットの

ロボットと酷似
してませんかね?どちらもウィル・スミスが

主演と言うことでとても気になります。


TSUTAYA などで見かけた際に「これってどんな話だっけ」

となってしまいそうな映画ですが、みなさんどうなんでしょう??
posted by kt-boy at 19:13| Comment(0) | 新作DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

ラスベガスをぶっつぶせ(英語名:21)

あらすじ


私を震撼させる君の体験を話してくれ。物語のすべてはここから始まった。

ハーバード大医学部に合格を果たしたベン(ジム・スタージェス)を悩ませたのは30万ドルの学費の捻出。奨学金を受けられるのはただ1人。その面接で求められたものは、面接官を驚かせるユニークな体験であった。奨学金を受けられなかったベンであったが、その知力を見込んだミッキー・ローザ教授(ケヴィン・スペイシー)がある打診をする。それはラスベガスのカジノで知力を活かしてぼろ儲けするというものだった。「学費を稼いだらやめる」。良心の呵責に苛まれながら教授のチームに加わることを決意したベンであったが・・・



◇ 私の視点

ある者は働く、ある者は盗む、ある者は賭ける。

手段は異なれ、生きる糧を手にするために人は一心不乱となる。

考えてみればただの紙。

それほど価値を生み出した通貨制度の祖は何を思うだろう。



 実話をもとに書籍化され映画化されたこの作品はアメリカでも

絶大な人気であったようだ。今夏までアメリカに留学していた

友人に薦められ手に取ってみた。

 カジノのブラック・ジャックで「カウンティング」という手法を用いて

莫大な利益を狙うという話であるが、なにしろ「カウンティング」の

仕組みがわかりにくい。ブラック・ジャックを知らなくとも楽しめる

ようにする狙いなのかとも感じられるが、ルールや仕組みの解説を

極端に絞った構成は、作品自体を単なる友情(恋愛)ストーリー化

してしまうきらいがある。プロットは明快であり面白いのだが、流れが

良すぎて鑑賞後に何も残らないかもしれない。ただし気楽に楽しめる

ことは間違いない。

 ブラック・ジャックはトランプで「21」を作るゲームであるため原題は

「21」である。ただ邦題は主題を捉えていないし、センスも感じられ

ないのだが・・・



posted by kt-boy at 01:34| Comment(0) | 新作DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。