2009年02月23日

7つの贈り物

人気ブログランキングへ

7つの贈り物



 「神は、7日間で世界を創造した。
 僕は、7秒間で、人生を叩き壊した。」
 自分の人生に失望した主人公ベンが
 人助けをしようと計画を立てる。
 それは驚くべき計画だった。
       展開は読めるが深く考えさせられる


評価:★★★★☆

【あらすじ(goo映画「7つの贈り物」より)


男の名前はベン・トーマス。ベンは7人の名前が載った

リストを持っている。彼らは互いに何の関係もない他人同士。

ベンは彼らに近づき、彼らの人生を調べ始める。そして、

ある条件に一致すれば、彼らの運命を永遠に変える贈り物を

渡そうとしている。ベン・トーマスとは何者なのか?彼の

目的は何なのか?そして、贈り物の中身とは…?


【コメント「7つの贈り物」

本作「7つの贈り物」のウィル・スミスはいつものウィル・スミス
とは違います。強靭な肉体でロボットやゾンビと戦うこともなければ、
銃を使うこともなく、運転も穏やかであるなど、珍しいウィル・スミス
の登場です。


本作は「幸せのちから」のムッチーノ監督がメガホンをとったという
ことで、「7つの贈り物」は「幸せのちから」とイメージが似ています
ね。


普段のウィル・スミスと何よりも違和感を抱いたのは、ウィル・スミス
の体が華奢なこと!「アイ・ロボット」などで筋肉質な全身が強調
されているのと対照的で、パワフルなウィル・スミスが好きな人には、
期待外れかもしれません。
 (私は予告編で「7つの贈り物」を観たときウィル・スミスと
  確信を持てませんでした。)


とはいえ、私は「7つの贈り物」のウィル・スミスが一番良いのでは
ないかと感じています。演技がややわざとらしい部分もあるにしろ、
繊細な動き(特に眼の動き)が素晴らしかった。


私が監督だったらこのような作品にもっと使ってみたいなぁ〜
なんてことを思いながら観ていました。


皆さんは贈り物「7つ」わかりましたか?私はあまり自信がなくて…


予告編の音楽が気に入っていたんですが、あの音楽はどこに行った?
というのが疑問です。



注意:これより下はネタバレがあります。 




【私の視点「7つの贈り物」

国税官を名乗る誠実な男ベンが脱税容疑者を調査する姿には、人生に
対する失望感など微塵も感じさせない。しかし時折彼にのぞく寂漠感
と、壮絶なフラッシュバックが、彼を支配する計り知れない重石の存在
を示唆しているのです。彼の言う「7秒間で人生を叩き壊した」とは
何を意味するのか。


彼は見ず知らずの人間に対して異常なほどに親切です。困っている
人間から彼が話を聞く姿にはただならぬものを感じます。穏やかな彼の
表情は、悟りの境地に達していると思えるほど超越しているからです。


この作品には7という数字がひとつのポイントとなっています。それは
この作品がキリスト教に根差しているからでしょう。7という数字は
キリスト教を想起さます。


ベンが最後に選んだ道はキリストの贖罪と重なる部分が感じられます。
彼が人間を超越しているように見えたのは、彼自身がキリストの象徴
として描かれていたからであるとも思えました。


全体的な印象としてわかりにくいでしょうね〜映画を観ている数が
多い方は冒頭シーンでエンディングの見通しが立つと思いますが、
そうでない方は冒頭シーンや、挿入される回想シーンに惑わされて
しまう可能性が高いです。悪い映画ではないのにもったいないです。


この映画は監督が欲張りすぎでしまった感を受けました。最初のシーン
をなくして中盤をもっとシンプルに描いた方が良かったと思います。
あの構成だと中盤はダラダラ長く感じる人が多いでしょう。未来を
映す冒頭シーンと、過去に遡る回想シーンに混乱された方もいらした
のではないでしょうか。


観賞後に煮えきらない表情をしていた方が多くいました。ストーリーの
複雑さに起因するところもあるでしょう。そのため自信がない方は
「予習」をおすすめします。
ネタバレがあっても(というよりある程度わかっていた方が)楽しめる(?)
のではと思います。

また贈り物の相手が複数いたため、焦点がぼやけてしまった印象が
残りました。ましてメインの相手が同年代の女性で、ラブストーリー化
するというのはいただけない。「結局それですか」という落胆は否め
ませんでした。
(上記理由から★の数が4つになっています)


「7つの贈り物」を計画したベンの行動は賛否両論だと思います。私は
ベンの行動を正しいとは思いませんし、私の友人がベンのようなことを
考えていたとするなら、なんとか思いとどまらせようとするでしょう。


ただ、だからといってこの映画が嫌いかというとそうでもないのです。
この映画はベンが主人公ですが、ベンから贈り物を受ける人びとこそが
影の主人公であったと思うからです。良いことをすれば誰かが見ていて
くれる、神様が見ていてくれる。やや宗教的ですが、目立たぬ善人が
救われるという世界はやはり魅力的だと思います。


そんな善人達を見て、彼らの人生を変える贈り物をしたひとりの男が
ベンだった。そう考えるとやっぱりベンは神様(キリスト)みたいだなぁ
と思います。


この映画泣かせるシーンは少ないのですが、最後の1シーンに凝縮
されています。陳腐なシーンであるにも関わらず、涙させるのがこの
作品のすごいところです。


人気ブログランキングへ
posted by kt-boy at 00:02| Comment(2) | TrackBack(24) | 劇場公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも、こんにちは。
トラックバックありがとうございました!

僕はどうしても、毒クラゲが腑に落ちません…。
ちょっとやりすぎの感が否めませんね。

自分が観た映画の感想を書いてますので、また時間の空いたときなどに遊びに来てください♪
Posted by ミスターシネマ at 2009年03月01日 12:39
ミスターシネマさん

コメントありがとうございました。

毒クラゲにする必要はあったかな〜とは
思ってしまいますよね。

あの毒クラゲは何かの象徴だったのか・・・
何なんでしょう??

また訪問させていただきますね☆
Posted by 管理人(こーた) at 2009年03月08日 18:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

7つの贈り物
Excerpt: ウィル・スミス最新作。ウィルはここ1年で、『アイ・アム・レジェンド』、『ハンコック』と本作と3度目の来日だそうです。「そろそろ日本の市民権をくれよ」と言っていたらしいですが。(笑)監督は『幸せのちから..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2009-02-23 01:13

7つの贈り物
Excerpt: ランキング参加中です→7つの贈り物     自らの人生に失望したベンは、人助けをしようと信じられないような計画を立てる。展開は読めるが、読めても充分観る価値がある作品。昨日新宿で観..
Weblog: チェック&ダブルチェック
Tracked: 2009-02-23 01:14

7つの贈り物
Excerpt: 『幸せのちから』のウィル・スミスとガブリエレ・ムッチーノ監督が再び 組んで、辛い過去を背負った男が見知らぬ人に人生を変えるような贈り物を するさまを描いたヒューマンドラマ。過去に起こしたある事件で..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2009-02-23 01:25

「7つの贈り物」う〜〜〜ん・・・・
Excerpt: 贈りもの・・が、早々に予測がついてしまった・・。
Weblog: ポコアポコヤ 映画倉庫
Tracked: 2009-02-23 08:18

『7つの贈り物』
Excerpt: (原題:Seven Pounds) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただくことをオススメ。 ----このタイトル、どこかで聞いたよう..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2009-02-23 10:42

☆7つの贈り物
Excerpt: いい話なんだけど、長い、わかりにくい、ウイルスミス演じた男がもどかしい!
Weblog: 帰ってきた ё俺のブログё 
Tracked: 2009-02-23 11:42

「7つの贈り物」
Excerpt: 「7つの贈り物」、観ました。 ウィル・スミス主演のヒューマン系映画。深い悩みを抱えるベン・トーマスは、様々な人に会い、その苦境に...
Weblog: クマの巣
Tracked: 2009-02-23 15:20

「7つの贈り物」みた。
Excerpt: 「ネタバレ厳禁令」がしかれていたこの映画。予備知識は予告編程度な私だったので、原題も「Seven Presents」かと思っていた。でも『Seven Pounds』だったのだね。”Pounds”(ポン..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2009-02-23 18:00

「7つの贈り物」何と、重い…。
Excerpt: [7つの贈り物] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2009年1月22日 1:27 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  「幸せのちから」の監督・主演コンビが再びタッグ..
Weblog: シネマ親父の“日々是妄言”
Tracked: 2009-02-23 18:38

『7つの贈り物』・・・究極の自己犠牲で罪を贖うことの重み
Excerpt: 自分の過去に苦悩する男が意を決して進める計画。それはある条件に見合う7人の他人を選び出し、彼らにひとつずつ7つの“贈り物”をすることだった・・・。
Weblog: SOARのパストラーレ♪
Tracked: 2009-02-23 20:30

【映画】7つの贈り物
Excerpt: ▼動機 ぞーきでしょ? ▼感想 ぞーきでしょ? ▼満足度 ★★☆☆☆☆☆ いまいち ▼あらすじ 過去の事件により心に傷を負った謎の男ベン・トーマス(ウィル・スミス)はある計画を立てて..
Weblog: 新!やさぐれ日記
Tracked: 2009-02-23 20:47

7つの贈り物
Excerpt: 芸達者ウィル・スミスの最新作。監督は、こちらもウィルの感動の作品「幸せのちから」でメガホンを取ったガブリエレ・ムッチーノ。どちらも、ウィルの演技力を試すような内容の作品になっていますが、ウィルは、その..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2009-02-23 22:10

7つの贈り物
Excerpt: 事故には気をつけよおお!!
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2009-02-23 22:14

7つの贈り物見た。【ネタバレ】
Excerpt: 本日公開のウィル・スミス主演、7つの贈り物を六本木ヒルズのTOHOシネマズで見...
Weblog: 西麻布でランチとか東京散歩とか。
Tracked: 2009-02-23 22:35

7つの贈り物
Excerpt: 試写会に行ってきました。 感想はネタバレするかもなので、これからみるつもりの方は 読まない方がいいかもです。 よく考えると、私はウィ...
Weblog: 映画感想
Tracked: 2009-02-24 16:00

7つの贈り物
Excerpt: 心に深い傷を抱える男ベンは、7人の見知らぬ他人に近づき、大きな贈り物を渡す計画を進めていた。 対象者の1人エミリーに心惹かれるが、自分の正体は決して彼女には明かせない。 彼の真の目的とは? そして贈り..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2009-02-25 11:43

『7つの贈り物』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「7つの贈り物」□監督 ガブリエレ・ムッチーノ □脚本 グラント・ニーポート □キャスト ウィル・スミス、ロザリオ・ドーソン、ウディ・ハレルソン、バリー・ペッパー、マイケル・..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2009-02-26 12:34

★「7つの贈り物」
Excerpt: 今週の平日休みはラゾーナ川崎の「109シネマズ川崎」で1本。 ウィル・スミス主演作はハズレなしと確信してるので、 アンジーの「チェンジリング」より、こちらを優先。
Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
Tracked: 2009-02-27 03:15

映画「7つの贈り物」
Excerpt: 原題:SEVEN POUNDS それを贈り物と呼ぶにはあまりに哀しい、イエス・キリストが人々の罪をあがない人類を救うために自らを十字架にかけた、かのように、贖罪はミステリアス〜 不..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2009-03-01 01:53

7つの贈り物
Excerpt: [7つの贈り物] ブログ村キーワード 評価:5.5/10点満点 2009年17本目(15作品)です。 自らの脇見運転により、「7秒間で7人の人生」を奪ってしまい、心に傷を抱えて生きる男性(ウ..
Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!
Tracked: 2009-03-01 12:35

「7つの贈り物」こういうテーマにハリウッドスターは相応しくない
Excerpt: 「7つの贈り物」★★☆ ウィル・スミス主演 ガブリエレ・ムッチーノ 監督、アメリカ、123分、2008年 「事故で7人の命を奪った後悔から その償いをしようとする主人公、 気..
Weblog: soramove
Tracked: 2009-03-02 09:37

7つの贈り物 2009-12
Excerpt: 「7つの贈り物」を観てきました〜♪ 以前に起こした交通事故により、心にキズを負ったベン(ウィル・スミス)は、親友のダン(バリー・ペッパー)にある計画を打ち明ける。ベンの持つリストに並ぶ7人の名前..
Weblog: 観たよ〜ん〜
Tracked: 2009-03-09 07:17

映画:7つの贈り物
Excerpt:  幸せのちからは微妙でしたが、ウィル・スミス主演の7つの贈り物を観てきました。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2009-03-18 07:28

「7つの贈り物」(SEVEN POUNDS)
Excerpt: 「幸せのちから」の米俳優ウィル・スミスと、イタリア出身のガブリエレ・ムッチーノ監督のコンビが復活して製作された感動のヒューマン・ドラマ「7つの贈り物」(2008年、米、123分、グラント・ニーボート脚..
Weblog: シネマ・ワンダーランド
Tracked: 2009-09-21 12:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。