2009年01月31日

レボリューショナリー・ロード〜燃え尽きるまで〜

人気ブログランキングへ

レボリューショナリー・ロード サントラ↓
音楽がかなりオススメです。(在庫僅少)


 パリでの生活への憧憬が、

 そして望まなくして授かった

 1つの命が、円満な夫婦生活を

 泥沼に引きずり込む。



評価:★★☆☆☆

【あらすじ(goo映画「レボリューショナリー・ロード」より)

1950年代のアメリカ、コネチカット州。フランクとエイプリルの

ウィーラー夫妻は、閑静な住宅街に暮らし、子供にも恵まれた

理想のカップル。しかし、甘い新婚時代の暮らしも次第に

色あせていく。演劇志向のエイプリルは地元の劇団の舞台に

立つが、芝居の出来が悪く夫婦で口論に。一方フランクは、

しがないセールスマンの仕事にやるせない不満を感じていた。

そんな時エイプリルが提案する。

「みんなで、パリで暮らしましょう」と…。


【コメント「レボリューショナリー・ロード」

理想の夢を追い求めるのは男性という従来の発想を転換させ、

幻想家の妻と現実派の旦那という対立軸を生みながら展開する

前半部は新鮮で、物語にどっぷり浸かることができる。ただ

2人の間に予期せぬ命が宿るあたりから、この話によって

伝えたいことは何であるのかということが見えなくなってくる。

責任感のない両親に、無責任な行為によって宿った1つの命が

きっかけで、夫婦生活は壊滅的なものになっていく。重い映画

であることは間違いないが、メッセージ性が薄く首を傾げたく

なる。

無理矢理に理由付けをするとするならば、この2人にとってのパリ

とは現実逃避の場所なのであろう。子どもがいるのに2人で外出する

など、この夫婦の未熟さは至る所で顔を出しているから、場所を

変えさえすれば、悶々とした気持ちは解消されるという幼稚な

気持ちが悲劇の源泉だったと考えることもできますね。

人気ブログランキングへ
posted by kt-boy at 00:52| Comment(3) | 劇場公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

コメントありがとうございました。

まったく同感です。
>子供がいるのに外出、
私もすごく気になりました。

そして、今住んでいる所で努力もしないで、場所を変えたとしても成功するとは思えません。

理想だけを追い求めた幼稚な夫婦だったんですね。。。
Posted by にくきゅ〜う★ at 2009年02月01日 11:31
コメントありがとうございます^^
この作品、前半はともかく後半、特に最後の堕胎の話になってくると宗教的な倫理観が漂ってしまいどうにも馴染めませんでした。
もっと違った形でケイト&ディカプリオを観たかったのが正直なところです。

今後もよらせて頂きます、よろしくお願いします!
Posted by KLY at 2009年02月02日 01:29
>にくきゅ〜う★ さん

コメントありがとうございます。

おそらくあの2人がパリに行っても

成功しなかったのでしょうね。


>KLY さん

コメントありがとうございます。

私も期待のケイト&ディカプリオでは

なかったんですよね〜ディカプリオは

彼のキャリアにとっての「良い作品」

に出会えてない印象です。

Posted by 管理人(こーた) at 2009年02月03日 01:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。